<   2015年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レコーディングの日が迫っていて、何がしたいんだろう、とずっと考えている。人といるとたいていは「人が楽しんでくれますように」と考えて音楽をするから、「人が楽しんでくれますように」が家出したみたいなアルバムにしたいかも、とぼんやり思う。

下駄箱掃除の時に、指の腹にさらさらとした砂粒をつけて、ここには宇宙の星ほどのつぶつぶが…と言っていたら叱られた記憶がある。
今一度、そんなようなことがしたい。 ?
科学的でも宗教的でも、哲学的でもない思考で、飽くまで観察をしていたい。

ブックレットをお願いしている版画家の岡田晴菜さんの展示。岡田さんの故郷やその他の浜辺たち。あわく重なった色は記憶の隅にあるよう、それでいて、まるで光や匂いを私も知っていたかのような鮮やかさで、語りかけてくる。
会場に掲示された彼女の言葉の中に、「浜が美しいということ以上に、浜がそこにあるということを表現したい」とあった。

あるということを。

遠くに届かなくてもいい。だけどどこかに流れ着いてほしい。あまりにもたくさんの人に聴いてもらえなくてもいい。でも、知らない人の鼓膜を揺らすようなことがもしあったら、自分の喜びになると思う。

砂の粒粒みたいな、「あるということ」の無数の存在をただただ感知して注意深く見ているだけのような、感じのもの。がいいなぁ〜

以上です!









[PR]
←menuへ