<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年3月6日(土)
新宿の音楽室
open18:45 start19:00
チャージ無料(投げ銭制)
出演:ユピトーク、teraVision、あだち麗三郎with西井夕紀子(piano)+more!

***
あだちくん企画のライブ、再び呼んでいただきました。
ご来場予定の方はお知らせください。
[PR]
2010年2月27(土)
国分寺 jokar
open18:30 start19:00
¥1000(プチおつまみ付)
出演 高城晶平/ママコブタ/Tenkö


***
ピアノを弾きます。
久しぶりのTenköさんライブ、初めてのjokarさん、
そして高城くんも出演。
幸せな気分です。
[PR]
a0145288_1657573.jpg
a0145288_16572096.jpg
a0145288_16572951.jpg


だけど彼女たち、
踊ってるつもりじゃないか、踊ってるだけじゃないのかも。

横浜市開港記念会館で「We dance」というコンテンポラリーダンスのフォーラムがあります。
まくらとジョーロの企画に、佐藤公哉くんと出てきます。


***
We dance

横浜市開港記念会館 2010年2月13日(土)・14日(日)

【入場パスポート料金 (全席自由)】
1日 2,500円(前売) 3,000円(当日)
2日通し 4,000円(前売) 5,000円(当日)
アーティスト・学生 2,000円(2日間有効・要事前登録・枚数限定)

•すべてのプログラムは、定員制・先着順の為、入場整理券が必要です。当日12時から発行します。
•別途入場料がかかるプログラムがあります(白井企画)。
•アーティスト・学生資格には条件があります。事前登録後、詳細をお送りいたします。
•時間及びスペースは変更になる場合があります。ウェブまたは当日受付にてご確認ください。
日時・会場・アクセス:
2010年2月13日(土)・14日(日)
13:00-21:00(12:00より受付開始・開場)

【会場・アクセス】
横浜市開港記念会館 〒231-0005 横浜市中区本町1-6 TEL.045-201-0708

みなとみらい線(東急東横線乗り入れ)「日本大通り駅」出口1から徒歩1分
JR・市営地下鉄線「関内駅」南口から徒歩10分

【ご予約】
フォームに必要事項をご記入下さい。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=ji9nxjjh2b7moof2

【公演情報・内容等のお問い合わせ】
予約管理 passport@wedance.jp
We dance ホームページ URL:http://wedance.jp

主催: NPO法人Offsite Dance Project URL:http://www.offsite-dance.jp
企画・制作:「We dance」 準備室
助成: 神奈川県、横浜市先駆的芸術活動助成
後援: 横浜市開港150周年・創造都市事業本部、中区役所
特別協力: 急な坂スタジオ


***
まくらとジョーロ
「ポーズ 」(公募企画)
2/13 17:00|講堂(2階:定員135名)|30分(終演後、トークあり)

▶講堂に提出されるふたつ。ひとつのことに対して異なるふたつのことが同時に進行する。
ふたつを衝突させ違和感を観察し距離を操作することで位置、状態、
ことばのなかにあるポーズの連続はどう動きだすのでしょうか。
さて今日、講堂に踏み出しにいきましょう。

企画・振付・出演:まくらとジョーロ(石原晶子・岸洋子)/音:西井夕紀子、佐藤公哉
[PR]
作・演出/石神夏希
原作/長新太「つきよのキャベツくん」
トンカツであーる

2010.2.4(Thu)~2.7(Sun)
BankART studio NYK

キャスト/スタッフ

出演:下田寛典 寺西麻利子 中澤大輔 里見有祐 石神夏希

作・演出/石神夏希 美術/大貫仰 小林絢子 照明/大迫浩二 中能良 音楽/西井夕紀子 音響/島村幸宏
演出助手/寺西麻利子 舞台監督/喜久田吉蔵 ウェブ/池田秀紀 制作/里見有祐 中上川康二 制作補/村松佑香

a0145288_0583441.jpg

a0145288_1102429.jpg



ひさしぶりに演劇作品に関わらせていただきました。
長新太さんの絵本「つきよのキャベツくん」を原作にした、
ぺピン結構設計の新作です。
たくさん考え、悩んで、音にしました。

「もび」を動かしていく中で、私なりに
こどものことや、おとなのことや、
同時代に生きている様々な年齢の人々が
同じ場で何かを生み出そうとすることについて
じっくり考えながら生活しています。
いろんな思いがわきあがりました。

今回私は、「演劇」の「音楽」をつくる人でした。
チームのパーツであり、効果であり、空気であり、情緒であり、
それはとても懐かしく、新鮮なことだったし、
同時に、越えられない人との境界線や、
ゆずれない自分の考えを明らかにしてくれるものでもありました。

ぎりぎりまで悩んだ末、
いくつかの曲はミュージシャンたちに演奏を依頼しました。
レコーディングは短い時間ながら本当に楽しかったです。
この場を借りて、急なお願いにも関わらずこころよく協力してくださったみんなへ、
すばらしい演奏をありがとうと言いたいです。

◇演奏協力◇
あだち麗三郎
権頭真由
佐藤公哉
古川麦


そして「ぺピン結構設計」って何なのだろう、
演劇って?と、
最終日をのこすだけとなった今も、手にふれられないままでいます。
[PR]
←menuへ