カテゴリ:ノート( 100 )

行くよ 懐かしい街へ みんな元気かな!
大切な音楽が旅してる
いってらっしゃい

--------------------------------------------------------

片想い ⇒/:-<
VIDEOTAPEMUSIC ⇒9:->

--------------------------------------------------------

「LOUNGE SOUNDS DELUX」

2010年11月23日(火) 18時開場 19時開演
@ 福岡VOODOO LOUNGE

片想い(東京)/VIDEOTAPEMUSIC(東京)/蝉+田口史人(円盤)/TOYTOY/THE SHITMS/if MASACA/The Holidays/倉地久美夫/ノザキシノブ(2907831)/アダチ宣伝社/他

1500yen 1DRINK ORDER
[PR]
逆の電車に乗って、終点まで来てしまった
[PR]
a0145288_1133246.jpg
a0145288_11334359.jpg
a0145288_11335567.jpg
a0145288_1134781.jpg
a0145288_11341749.jpg
a0145288_11342711.jpg
a0145288_11344354.jpg
a0145288_11345120.jpg
a0145288_1135221.jpg

[PR]
a0145288_20262966.jpg

[PR]
a0145288_19201624.jpg

[PR]
9/9〜13、TOCOに帽子作家イシイアキさんがやってきた!!
a0145288_12584546.jpg

母と共有の帽子をひとつ購入
a0145288_12583483.jpg

小田さんと色違いだよ
シックな黒、小田さんとても似合ってます(以下写真は鈴木竜一朗)
a0145288_21572638.jpg


イシイさんと出会ったのはあだちくんのライブで、
それから東京やお住まいの御殿場で仲良くしていただいている
イベントにお誘いすると出会って間もなかったにも関わらず
快く引き受けてくださった

かぶる人に合わせてその場で帽子をデコレーション
『帽子収穫祭!!』
a0145288_11354057.jpg

a0145288_21524841.jpg

私のにはてっぺんに長いひもがついていて、
他の人のつむじとつながることができる
巾着にもなる!(あるとき発見)
みんなの帽子ギャラリーは ⇒こちら から

身に着けるとはパーソナルなできごと

あのときTOCOは、とてもおしゃれで、
ただの帽子屋さんでも、ただの展示でもなかった
足を踏み入れるとたくさんの帽子があってどきどき、
手に取って、かぶって、変身、
だれもが笑顔になるインスタレーションで、
そのまま生活に溶け込んでいく作品たち

あっという間だったなぁ

イシイアキ×小田富美子(画家)のアーティストトーク
a0145288_11355929.jpg

「人の顔の近くに何かあるというだけでおもしろい」
「なくてもいいけど、あるとおもしろい、むだなもの、
 帽子、かぶったほうが楽しいから」
「アフターフォローも含めて、手の届く範囲で帽子をつくりたい」

イシイさんの言葉で、こんなことをおっしゃっていました
とても胸に響く

イシイさん、
またTOCOに遊びにきてくださいね!

展示企画の小田さん、すてきな時間をありがとうございました

about
ishii aki (culthat,calthat)
oda fumiko
toco
[PR]
来月のちいさなライブに向けて、練習を始めた
a0145288_1425749.jpg

曲をつくるのはやっぱり楽しい
自分が戻ってきた
それから、出したい音が増えているのを感じる

引っ越したばかりの彼女の家で演奏してみると、
お茶の甘み、お米の香り、
しいたけの歯ごたえ、グロッケンの音、
通り抜ける風、低く傾くオレンジの月に包まれて、
私の部屋の音楽は今日うまれたばかりなのに、
あっと言う間に出かけていったんだと思った

***
昨日のライブ、ご来場ありがとうございました
私自身普段あんまりきかない音楽が鳴っていて
興味深く眺めました
今日やったのとはめもりが違っているみたい
何でもやってみたい、そんな気持ちです
[PR]
コンサートも無事終わり、昨日はすきなことをしてもいいお休みでした。
鈴木くんと柳くんと、多摩川でお弁当を食べます。テントウムシはもうすこしのところで手にふれられなかったけれど、星を七つ×二回数えました。

その後、柳くんのアトリエに行って、絵を見せてもらいました。柳くんの絵は、表紙や本の一部でした。柳くんの絵は、頭の中から、押し花とか、うすいガラスとガラスに挟まれた、顕微鏡で覗く生き物のことを連れてきました。

知らない人の音楽とか、ceroとかサティとかききながら、わたしプレイモア、と、頭をめぐりました。
[PR]
3月27日(土)
a0145288_20461256.jpg

人が日々集う場所で紡がれた音楽が生きているのは、奇跡的に当たり前なのだと感じます。
[PR]
そこは洗濯機であるのがいいという昔聞いたお話
最近ふと思い出します
[PR]
←menuへ