ぺピン結構設計「トンカツであーる」

作・演出/石神夏希
原作/長新太「つきよのキャベツくん」
トンカツであーる

2010.2.4(Thu)~2.7(Sun)
BankART studio NYK

キャスト/スタッフ

出演:下田寛典 寺西麻利子 中澤大輔 里見有祐 石神夏希

作・演出/石神夏希 美術/大貫仰 小林絢子 照明/大迫浩二 中能良 音楽/西井夕紀子 音響/島村幸宏
演出助手/寺西麻利子 舞台監督/喜久田吉蔵 ウェブ/池田秀紀 制作/里見有祐 中上川康二 制作補/村松佑香

a0145288_0583441.jpg

a0145288_1102429.jpg



ひさしぶりに演劇作品に関わらせていただきました。
長新太さんの絵本「つきよのキャベツくん」を原作にした、
ぺピン結構設計の新作です。
たくさん考え、悩んで、音にしました。

「もび」を動かしていく中で、私なりに
こどものことや、おとなのことや、
同時代に生きている様々な年齢の人々が
同じ場で何かを生み出そうとすることについて
じっくり考えながら生活しています。
いろんな思いがわきあがりました。

今回私は、「演劇」の「音楽」をつくる人でした。
チームのパーツであり、効果であり、空気であり、情緒であり、
それはとても懐かしく、新鮮なことだったし、
同時に、越えられない人との境界線や、
ゆずれない自分の考えを明らかにしてくれるものでもありました。

ぎりぎりまで悩んだ末、
いくつかの曲はミュージシャンたちに演奏を依頼しました。
レコーディングは短い時間ながら本当に楽しかったです。
この場を借りて、急なお願いにも関わらずこころよく協力してくださったみんなへ、
すばらしい演奏をありがとうと言いたいです。

◇演奏協力◇
あだち麗三郎
権頭真由
佐藤公哉
古川麦


そして「ぺピン結構設計」って何なのだろう、
演劇って?と、
最終日をのこすだけとなった今も、手にふれられないままでいます。
[PR]
by yukiko_nishii | 2010-02-07 01:56 | 演奏や作曲、アレンジ | Comments(0)
←menuへ