越後妻有アートトリエンナーレ2015大地の芸術祭が終わった。

越後妻有アートトリエンナーレ2015大地の芸術祭が終わった。
大学に入ったばかりの頃現代美術の存在を学ぶと同時に知り、日本でこんなことが起こっているのかと衝撃を受けた。新潟という地も、ステージとしても遥かな感じのする、夢のような存在だったと思う。なので今期二作品への参加が決まった時、やってきたことがやっとこの場につながったのだなぁ、と喜びでいっぱいだった。

サウンド・ダイアログについて。
十日町という街に滞在できて本当によかったし、音楽家はこのばらばらな方を向いている私達でよかった。
ばらばらだからこそ、街や人と様々な角度から会話を始めることができた。また、各々の投げかけに対し、十日町のみなさんからはあたたかい返答があった。ウォーキングライブのお客様の数や、十日町の方々も含めた出演者の多様さがそれを語っているように思う。
お客様はあんなにたくさんいらしたけれど、ステージから見えていたのは顔の見えない「たくさんの誰か」ではなく、小さくて確かな積み重ね、日々のこと、感謝を伝えたい人々だった。
人を通してこの街の輪郭が、来て間もない私の心にもじんわりと浮かび上がる。
中には遠方から来てくれる人や何年ぶりかに会う友人もいた。いろんな人が十日町で交差していた。

個人的には、自分の生活をぎりぎり保ちながらも、やりきることができたのではないかと思う。やりきりたい、とお願いしてお断りしてしまった仕事やライブ、友人の結婚式もあった。
Falsettosのみんなや、家族、周りのみなさんのご理解なしにはできなかった。

二作品に関わることを歓迎してくださったサウンド・ダイアログのコーディネーター山口さん、『つまりは、ダンスでコマーシャル。』モモンガ・コンプレックスのみなさん、そして両作品の橋渡しを手伝ってくれた美土さん、長尾くん。音をくださったミュージシャンたちにも改めて感謝をしたい。

重い機材を毎日一緒に運び、「本日の活動」を黒板に描きつづけてくださった島尾さん。音が生まれる瞬間をいつもにこやかに見ていてくださった。すぐに消えてしまう、未完成で、ささいなできごとかもしれない。でも私にとって「音楽のはじまり」は最も大事な時間であるから。嬉しかった。

それらが外の世界に広がっていくように撮り続けてくれた廣田くん。光をとりこむ植物みたいに静かに、また確実にその場にいてくれた。長い時間一緒にいたけれど、いつも心地よい距離からとらえていてくれた。彼の写真や映像を見て改めて思う。

のだちゃん。伝えたくても私では思ったように伝えられない「うた」たちを、想像以上のみずみずしさで世界にはなってくれる。いつもありがとう。

市街地プロジェクトで滞在していたアーティストのみなさん。深澤さん、悠くん、佐野くんには、どれだけ元気をもらったか分からない。
お店で作った小さな歌をたよりに、佐野くんが買い物をしていてくれたことも嬉しかった。そういえば、歌を聴いて十日町石油に立ち寄ってくださった方もいた。

お忙しい中共同作曲に参加してくださった街のみなさん。あんなに楽しく音楽をさせていただいたことに、どうお礼を伝えたらよいか分からない。

見守り、つなぎ、支えてくださった西野さんやたくさんの街の人々に心から、ありがとうございました、と言いたい。

みなさんの日々のことが宝物のように思える。それが音楽になったら、どこかに届けられる気がしている。『Dear Someone』はもう少し続きます。
[PR]
by yukiko_nishii | 2015-09-15 23:55 | ノート | Comments(0)
←menuへ