ふりかえってひとつ、

今年からひとりのお子さんのピアノの先生をさせていただいています。
もう、おもしろいことだらけ。
こんな時間をありがとうございます。

教える、からずっと距離をとって過ごしてきましたが、
少し透明になったのかな、
今やっと向き合えるようになって、

それでも教えるというよりは伝えるがしっくりきています。
舞台に立って演奏するのと同じなんだなぁと。
こちらが学ぶことばかりです。

小学生の頃大変厳しくピアノ、作曲を教えてくださった私の先生は
なんと弁護士さんになられていました。

こわくてこわくて美しい方でした。
感慨深い。です。
[PR]
by yukiko_nishii | 2011-12-30 02:25 | ノート | Comments(2)
Commented by かどまゆ at 2011-12-31 22:30 x
毎度、バカ息子に付き合っていただきありがとうございます。ゆっきー先生の柔軟さとしなやかな根気づよさに、本当に助けられています。

子供が生まれた時、音楽で何かを成して欲しいとか、そんな大そうなことではなく、音楽がこの子の人生の傍らに流れていてくれたらいいなと思って、音を名前に付けました。そのことを、先日のレッスンでふと思いだしました。

鍵盤に触ったこと、カレー屋のおじさんに報告したら、「ゆっくりと時間をかけて寄りそう。先生とYを見てると教育とかそういうものにおいて大切なことを、考えさせられるなぁ」と感動されてました。足弾きは爆笑されました。

息子のことですから、次に会う頃には、前回の感動を裏切る後退ぶりを発揮しそうで心配ですが、来年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by yukiko_nishii at 2012-01-06 06:44
かどまゆさん

こちらこそいつもあたたかく見守ってくださってありがとうございます。
足の使い方から入るとは自分でも思っていませんでしたが、考えてみればとっても大事なことかも。

これからもYくんと一緒に発見を積み重ねていきたいです。

カレー屋さんとYくんのハグ、かわいくて忘れられないです!
またお店にもおじゃまします。

にしいゆきこ
←menuへ