『あの日のうた』

4月28日、野田薫さんのデビューアルバムが発売されました。

毎日手にとりながらどうしても封を切れずにいて、昨日やっと音をきくことができたのでご紹介します。
『あの日のうた』を最初にきくのは大切なふだんの日にしたい、というちょっとしたこだわりだったのですが…
午前の光と風、通りの音、休日のご近所、思い出すことや今のこと、全部をあたたかくつなぎとめる音楽が流れると、ゆたかにすきとおる野田さんの曲や歌声や、朗らかなミュージシャンたちのことももちろん考えたけれど、それよりも先に、この感じは幸せっていうんだろうなぁ、とぼんやり感じていました。

a0145288_2212891.jpg

『あの日のうた』
Magical Doughnuts Records / MDR-0004
全6曲 ¥1200(tax in)


ピアノ弾き語りの野田さんを、一曲だけ私のピアノで伴奏。
あだちくんからお話をもらった時、どうしたらいいかな、と一瞬考えたのですが、野田さんの歌声をきくとふっと迷いがなくなったことを思い出します。

野田さんの音楽にごはん屋さんのライブで出会ってから2年が経ちました。
お客だった私がこんなふうに音楽を通して彼女と関われたのは偶然だったけれど、確かにつながったたくさんの人たちがいたからだな、と感謝の気持ちであふれます。

本当にすばらしい作品です。
ぜひお手にとってみてください。
[PR]
by yukiko_nishii | 2010-05-06 22:28 | 演奏や作曲、アレンジ | Comments(0)
←menuへ